profile

岡山県岡山市在住
女子美術短期大学 卒業
バンタンデザイン研究所 卒業

小さな頃から縫い物は得意としていました。
ずっとチクチク洋裁は好きで、大人になる時にはパターンナーの職種を選択しました。
小さな頃から布と糸は、いつでもどこでも身の回りにありました。

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震がきっかけで、環境の事、絶滅危惧種の生き物たちの事が気になり始め、まずは紙にイラストに描きはじめました。
紙にイラストを描いても描いてもきりがない程の絶滅危惧種の種類の多さに驚愕し、皆はこの事を知っているのだろうか?と思うようになったのです。

絶滅危惧種の動物たちを、誰でも手に取って知ってもらえるようにと、布と糸でブローチなどを作り始めました。

幼稚園の通園路に、オランウータン(チンパンジーだったのかは不明。)を飼っていたお米屋さんがあり、その時の印象が非常に鮮明な記憶として残っています。
今でもオランウータンがペットだったのかがナゾではありますが、確かにお外で繋がれていたのです。
幼少期に遊んでいたオランウータンが、なんと絶滅危惧種である事に気付いたのは、少し前。。

ホッキョクグマもアジアゾウも、誰もが知っているであろう動物たちが、今、絶滅の危機に瀕している事実をどうにか覆すべく、日々、制作しています。

黒田よし子